yamamotosinyaの日記

仕事を離れて、ライフスライスな記憶として………

家電のUIを批判するのはいいけれど、トリミングしているのは不誠実な感じ

f:id:yamamotosinya:20170715123903j:image

ちょっと古い記事がSNSでバズっているようで、眺めていたら、我が家と同じ洗濯機のUIを批判する内容。この手の使いやすさは人それぞれなので、批判は自由だと思いますが、ひとつ疑問に思ったのは、その記事(ブログエントリ)では上のように操作パネルの画像を紹介していること。

そして、電源の入れ方やリセットの仕方がわかりづらいと批判しているのでした。 

しかして、実際にはその右側に電源ボタンがあって、仮に操作が混乱してしまったら電源をオン/オフすればリセットできるはずでありまして。

f:id:yamamotosinya:20170715123906j:image

しかも、実際の使用シーンでは電源を入れて、洗濯・部屋干し・乾燥を選ぶ(※デフォルトは標準の洗濯モードなので普通に洗濯するだけならボタン操作の必要なし)と洗濯物の量を簡易測定して、水量などを自動で決定するので、あとはスタートボタンを押すという流れ。右から順番に押していくだけのUIなのでありました。つまり、わざわざマニュアル操作をしない限り、右半分しか使わないというレイアウトというわけ。

 

いずれにしても、初見でわかりやすくないという批判は個人の感想であれば自由なのですが、メインスイッチをトリミングした状態で批判するのは、なんだかなあ~と思った次第。今回、たまたま同じシリーズの機種を持っていたのでトリミングの事実に気付くことができましたが……。

荒川氾濫の恐怖、公式フィクションムービーがバージョンアップ


フィクションドキュメンタリー「荒川氾濫」 H29 3 改訂版

気候変動によるゲリラ豪雨、そして台風シーズン到来。そして九州では実際に水害が甚大な被害を生んでいるという事実。

あらためて見ておきたいのが、コチラ「荒川氾濫」であります。

想定されている被害は、裏付けがあるとはいえ、あくまでフィクションであり、また啓蒙映像という性格から、ショッキングに演出している面はあるでしょうが、なにしろ公式ムービーでありますからテレビ的な過剰演出という風には考えづらく。それなりに受け止めるべき内容といえましょう。

そんなわけで、自分が住んでいるエリアがどのくらい海面が上がったときに水没するのかを調べてみたりする夜。最悪、どこに逃げればいいのか、ルートを考えると、どのタイミングで出発しないと間に合わないのか(避難渋滞も考慮して)……頭の中でシミュレーションしておくことも、気候変動時代のリスクヘッジでありましょうか。

flood.firetree.net