読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yamamotosinyaの日記

仕事を離れて、ライフスライスな記憶として………

たしかに名作『星を継ぐもの』、しかし気になるのは喫煙シーンの評価

ツイッターで名作との評価を見かけた、SF小説『星を継ぐもの』。恥ずかしながら未読でしたが、これを機会にと手に入れて読了。 3時間ほどで一気に読んでしまいました。

トーリーをあれこれ書いてしまうのは野暮なので置いておくとして、気になったのは喫煙シーンが多いこと。飛行機の中、会議室などなど、いまでは考えられないところでタバコが吸われているのでありました。

この小説が書かれた段階では今のような喫煙環境になるという想像もつかなかったのでしょうが、未来小説としては若干の興ざめ。そして、喫煙シーンに込められた意味やリズム(一服、一拍)が伝わらない世代に対して、タバコやパイプ、葉巻といったアイテムを使った表現がどこまで伝わるのかも気になるところ。

そうしたディテールが原因で名作の評価が変わってしまうことも、また未来でありましょうか……。 

 

家をローンで買うか、賃貸がいいか論争で抜けている条件

賃貸に住むのなら、同等の支払い額となる長期住宅ローンを組んだほうが有利という話、かつてそれが有利とされてきた裏には、「長期的にはインフレが進むので借金が目減りする」という前提条件があったはずで、それを抜きに賃貸VS.住宅ローンの優劣を議論してもナンセンス。逆にデフレが進むのであれば、高額の借金は不利な要件になるわけですし。

だから、現時点での条件だけで有利不利を議論するのも意味がなくて、30年程度のスパンで考えて、インフレ・デフレはどのように推移するのかという予測を立てる(もちろん、それなりに裏付けのある予測)ことがもっとも重要で、その結果として賃貸とローのどちらが有利になるのかを計算してみせないと意味がないと思うのは自分だけでしょうか。