yamamotosinyaの日記

仕事を離れて、ライフスライスな記憶として………

docomoとiPhoneに思うこと

iPhoneが日本に登場して以来、ずっとdocomoが正規でiPhoneを扱って欲しいという声を目にすることが少なくないのですが、正直難しいだろうな、というのがずっと感じていること。

 

思うに、docomoのビジネススタイルを端末メーカーと通信インフラの提供業者とすると、サプライヤー都合による「これっきり」というのは避けたいはずで、アップルがiPhoneをいつまで作り続けるか不明ならば、同じ製品を他社に発注することも不可能な状況では、iPhoneを扱うことにためらうのも納得。

 

たとえばAndroidであれば、S社が撤退してもT社に発注すれば、ラインナップは確保できるけれど、iPhoneの場合はアップルが撤退したときに、ライセンス生産を認めない限りは、それっきりな商品になってしまいますから。

 

あくまで端末メーカーの製品を扱っていて、通信インフラを提供しているという立場に徹底できれば、そうした自体はユーザーの責任といえましょうが、メーカーを”端末を収めるサプライヤー”という感覚で捉えていると、端末側の都合で仕様が変わってしまうようなサプライヤーとは、よほどの安定供給契約が結べない限り付き合えないのかな、とか想像してしまうのです。

 

まあ、日本のケータイキャリアは、いずれも同じようなビジネスモデルだったわけですが、iPhoneを扱うにあたって、そうした端末メーカー(ブランド)的な部分を捨てつつあって、Androidにしても端末メーカーの色を出している印象。

 

たとえばauのAndroid端末を見ると、独自の製品番号はオモテに出さず、各端末の製品名だけでWEBも展開されています。その一方で従来型のケータイはアルファベットと数字の独自品番が中心。

 

ところが、docomoのWEBでスマートフォンを確認すると、製品ごとの愛称(商品名)に加えてアルファベットと数字からなる製品番号がしっかりアピールされているわけで。

 

その意味では、もしdocomoがiPhoneを扱うようになれば、それは端末メーカーという部分を捨てて、インフラ屋さんとして徹底するという意思表示かも? というのは大袈裟でしょうか。

 

もしくは、iPhoneに独自の製品番号をつけることをアップルが許すのか。でも、iPhoneに「AP-01D」とかの品番がついていたら、ブランディング的に厳しい感じもありますね……。

 

仮にdocomoが扱ったとしたら、その一点が気になるなーとか妄想してしまう小春日和の12月初頭です。