yamamotosinyaの日記

仕事を離れて、ライフスライスな記憶として………

デフレとローン

デフレといいますか、商品の小売価格が下がっているトレンドではありますが、はたしてすべての商品について、そう言えるかといえば疑問。

 

肌感覚ではありますが、国産品(生鮮食品・自動車・印刷物)についてはデフレ圧力はかかっているものの、いまだ高値安定というか、デフレトレンド前の価格水準に近いところにいる印象。

 

だとすれば、デフレの要因というのは、生産技術などもありましょうが、大きな部分では人件費であって、ようはアセアン地域の人件費を使える商品がデフレに対応した価格設定にできたという部分もあるのかな、と。

 

それが、日本国内の人件費にも同様の圧力がかかったのがデフレの理由だとして、ならば均等に人件費へ影響すれば問題ないのでしょうが、一部に歪んだカタチで影響しているのが、現時点での問題点なのかな、とか。

 

正社員、非正規というだけでなく、業界的にも圧力の大小があるわけですし。また人件費が国際競争力をスポイルしているのだとして、均等にデフレ圧力がかかって人件費が下がれば競争力が得られるのかといえば、そんな単純な話でもないでしょうし。

 

仮に、日本国内の人件費に対して均等にデフレ圧力がかかって、各業種が間違いなく成長するというのであれば、それは希望につながるかもしれませんが、そう考えるのも無理がある話。

 

むしろ、借金負担が実質的に年を追うことに大きくなるのがデフレであって、デフレ圧力下では借金をしようという気にはなりません。なので、身の丈というか、無借金ライフを送ろうとする感情が潜在意識に芽生えるのかな。といいますか、自分自身がそんな感じで、借金は難しいなと思う日々。

 

思えば、社会人になった頃はバブルの残り香が薫る時代でありましたが、サラリーマンをしていた20代後半から毎年のように収入が減る時代があって(ベアはしても、ボーナスがカットという時代)、それはそれで今と比べると不満に思う必要はないくらい恵まれた状況だったとはいえ、起業や投資にように増える可能性があれば借金してでも勝負をかける意味はあっても、価値が下がる一方の消費財を買うのに借金してしまうのは、どうなのかな、と考えはじめたものです。

 

そうした気分は、自分一人に限った話ではなく、むしろ世代によってはスタンダードなのかな、とも感じるのでありますが、安心してローンが組めるようなムードにならないと、いまの停滞感は解消できないのだろうな、とも思うわけで。

 

ローンを組むのにオトク感が生まれるというか、実質的な負担が小さくなるのは、インフレでしょうから、とりあえずインフレを目指すのもひとつの手段だろうな、と。ただ、それが人件費を基準とした国際競争力にとって、マイナスになるのかどうか、ちょっと興味のある今日この頃です。