読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yamamotosinyaの日記

仕事を離れて、ライフスライスな記憶として………

満足度を高めるライフハック?

満足するというのは、文字通り満ち足りているわけですが、満足度については必ずしも満ち足りていなくても高まるというか、むしろ満ち足りていない(何かが足りない)状態で、いかに満足に近い感覚を覚えるかということなのかな、と。

 

だとすれば、満足度を高める要素は何か?

 

ひとつには、理想と現実のギャップ。そのギャップの大小が満足度に直結すると言えるのでは。

 

仮に学習テスト的なものに例えると、満足している状態というのは満点(100点)に相当するとして、満足度を感じるのは70点以上としてみます。

 

ならば、現実(実力)は変わらなくても、テスト問題をカンタンにして(理想を下げて)いけば、得点は上がるでしょうから、自ずと満足度も高まる?

 

とはいえ、理想を下げたことをわかっていては、満足度を高めるにはマイナスといえそうで、仮に現実が変わらない(下がっていく)のだとすれば、自分自身が認識しないままに理想を下げていけば、ギャップが広がらず、むしろ狭まるといえそう。

 

さらに価値観そのものを変えてしまえば、ギャップを感じることもなくなって満足度はマックスまで高まるはず。

 

究極のライフハックは、やはり”悟り”をひらくということなのかもしれません……。