yamamotosinyaの日記

仕事を離れて、ライフスライスな記憶として………

”弘法”な境地に達せず。気分でキーボードを使い分ける

 

昔から『 弘法筆を選ばず』などと申しますが、自分のような凡人にとって筆は仕上がりを大いに影響するファクター。

 

それは、現代のパソコン時代においても、同様であります。つまり、キーボード選びが、疲労に影響するだけでなく、最終的なアウトプットにおいても無視できないというのは、意外に多くのユーザーが気付いているのではないでしょうか。

 

というわけで、まったくキャラクターの異なる2つのキーボードをなんとなしに使い分けております、ハイ。

 

ひとつはメカニカルキーボードのFILCOマジェスタッチリニア黒軸。しっかり押しこむとカチャカチャうるさいのではありますが、押し込まない程度に軽く触れるように打てるときが、自分なりの”ノッている”かどうかの判断基準にもなるキーボード。

 

もう一つのアイテムである「Realforce」は、静電容量無接点方式で、しかも軽負荷のバージョンを使用しているので、デフォルトで軽く触れたフィーリング。基本的には、こちらが好みに近いのですが、FILCOではノッているときとそうではないときの違いが音でわかるものの、Realforceではノッていなくても、ノッているキータッチに近く、無理やりアゲていくこともできますが、それも善し悪し。

とりあえず、今の今は、FILCOを使っているのは、”ノッている”のを実感的に確認したいからだったりして。カチャカチャうるさいと思ったら、ノッていない証拠とばかりに息を入れるようにすると、アウトプット(作業としては入力ですが、汗)に違いが出るかもしれないという勝手な思い込みでもありますが。もっとも、疲れないだけなら、Realforceのほうが自分には合っているかもしれませんから、本当にキーボード選びは難しい……。

 

 

 

※Amazonへのリンクは、自分が使っている製品とは微妙に異なっておりますが、だいたいの価格帯を表現しようと貼っております、あしからず。