読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yamamotosinyaの日記

仕事を離れて、ライフスライスな記憶として………

ファミレスのターゲットユーザーから年齢的にハズれたか?

悪く言うわけではなく、マッチングの問題として『デニーズは、自分で金を払って食べる店ではない 』感じ。もっといえば、価格とのバランスが自分の中で整合とれないという印象ともいえましょうか。言い方を変えれば、この価格なら、もうちょっとプラスして違うものが食べたいという感情が湧いてくるのであります。

 

この感情は非常に微妙で、たとえばハンバーグに対して、いくらまで払えるかという話ではありません。大量生産(チェーン)の食事に対して払えってもいいと思える金額と、こだわりの個人店に対する上限は違ってきます。現時点での感覚でいえば「同じ1500円ならチェーンのファミレスでなく、個人店で食べたい」という言い方もできますでしょうか。

 

そうした費用対効果的な価値観と、単なる食事の好みの両面で、いまのデニーズのメニューは自分に合わない状況になっていて、それはすなわちサービス提供者が考えるターゲットからハズれたということなのでしょう。ファミレスのターゲットというのは、割合に広いのでしょうから、そこからハズれるということは、これから自分自身の納得いく選択をする幅が狭くなるというか、もろもろ一手間かかりそうな予感。

 

それはそれで楽しいでしょうし、根本的には問題ないのですが、結局のところファミレスのターゲットからハズれたという認識と、自分自身の加齢による変化の自覚が重なって、ちょっとしたブルー気分を呼び起こしたのでしょう、おそらく。

 

気分だけでも若返らないと!