読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yamamotosinyaの日記

仕事を離れて、ライフスライスな記憶として………

人生のセーリング期間 

などと、45歳の誕生日に、これまでの10年を振り返ってツイートしている自分であります。
 
セーリング」というのは、ヨットなどが帆に風を受けて海上を進むことを意味する言葉でありますが、自動車の燃費運転でも使われている言葉。
 
 
省燃費な運転というと、ダラダラとエンジンを回さずに走らせると思いがちですし、そうした走らせ方が有効なシチュエーションがあるのは確かなのでしょう。ですが、場合によってはエンジンをブンと回して一気に加速して、ある程度の速度になったところでエンジンを止めて、クラッチを切り、イナーシャを活かして惰性で進む「セーリング」という走らせ方が効率よかったりするケースもあるのでした。
 
 
人生も似ているのかもしれません。
 
そのひとの状況によっては同じようなペースでゆっくりと歩を進めるのが効率的かつ満足いくものかもしれませんし、一方で全力疾走を続ける”太く短く”的な生き方が向いているひともいるかもしれません。
 
そして、自分の人生を振り返ると、若い頃にそこそこ加速したイキオイを使って長々と「セーリング」しているのかもしれないと思った次第。加速を止めて以来、ずっと”下り坂”なので、惰性だけのセーリングでも速度を維持できているのかもしれませんが……。
 
 
そして、セーリング期間が長すぎたのか、エンジンの再始動をどうやって行なうのか忘れてしまっている自分に気付いて唖然、そんな45歳のバースデーでもあったのでした(汗)
 
画像は、今回のテーマとは関係なく、神奈川県立 生命の星 地球博物館 のエントランスに飾られている恐竜の骨組みを上から見下ろしたところ。はたして恐竜(大型爬虫類)がどうして絶滅したのか不明ですが、栄枯盛衰を感じるには十分以上の説得力ある展示でありました、ハイ。
f:id:yamamotosinya:20140126172220j:plain