yamamotosinyaの日記

仕事を離れて、ライフスライスな記憶として………

安全に歩くことのできる装備は時代や場所で異なるでしょう。

今までは半袖・半ズボンでも怪我することなく歩けた道が、昆虫や植物が増えたことで長袖・長ズボンでないと怪我するおそれが出てくるなんてことは珍しい話ではありません。

 

これまで問題なかったからといって、その装備が未来永劫に渡って十分という保証はなく、状況に応じて服装であったり、履物であったりを適切に選ぶ必要があるのは当然の話。

 

ただ、状況の変化を大袈裟に捉えてしまい、必要以上に保護するような服装にしてしまうと、今度は歩きづらいという本末転倒なことになってしまうことも。

 

環境は変化するものという前提で、常に状況把握に努め、適切な格好をするということが、大事なのだなぁなどということを、あらためて考えてしまう今日このごろです。