yamamotosinyaの日記

仕事を離れて、ライフスライスな記憶として………

『つづきはWEBで』が表すテレビの上流感

個人的にテレビを持っていないので、あまり見ることはないのですが、テレビに限らず、いまやネット以前からある四大メディアの広告でおなじみのフレーズが、『つづきはWEBで』でありましょう。

このフレーズが、まるで旧メディアがWEBへの誘導になり下がっているような印象もありますが、さにあらず。

むしろ、あくまでも検索サイトでのキーワードを示すといったものであり、それはWEB(検索サイト)の上流に旧メディアが立っているという姿勢を示しているともいえそう。

ビジネスは、その規模だけでなく、いかに上流のポジションに自分を置いておけるかも重要。その意味では『つづきはWEBで』というフレーズでポジショニングを印象づけるのは見事だなぁと思うのでありました。

果たして、それがうまくいっているかどうかは不明ですが…(汗)