yamamotosinyaの日記

仕事を離れて、ライフスライスな記憶として………

幼児リード是非の議論について思う

なにやら幼児リードの是非について議論になっているようで。

 

こうした話題は定期的にあがってくる印象もありますが、実際に子育て期を過ごしているとリアルに感じる部分あり。

 

誰もが必須ではないでしょうが、事故を防ぐことのできるケースは少なからずあるだろうと思うのです。であれば、必要に迫られて幼児リードを使っているケースを批判する必要はありませんし、逆に使っていないからといってあれこれ気にすることもないだろうな、と。

 

そもそも、「自分が不要だったから、世の中の誰もが不要」というのは、あまりにも乱暴な話。

 

実際、自分の子育て経験においては、リードが必要なほどピーキーな動きをしないので助かっておりますが、自分自身は2歳のときに信号のない横断歩道をひとりで渡って交通事故にあっておりますので、リードがあれば防ぐことのできる死傷事故もあるのだろうな、とは思うところ。

 

子どものリスクや対応は、人によりけり。せっかく存在している道具ですから、必要に応じて活用しないと、ではあります。