読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yamamotosinyaの日記

仕事を離れて、ライフスライスな記憶として………

しなるウイングに生物的ななにかを感ず

f:id:yamamotosinya:20150710211032j:image

航空機には、まったく興味がないのは、ほとんど利用することがないからなのか、そもそも所有や操作のできない乗り物に興味を持たない性だからなのか。 

 

とはいえ、たまたまウイングを横から見ることができる窓際に席に座り、羽根の動きを眺めていれば、ついついジッと見てしまい。

 

窓にiPhoneを押し付けて、ブレないようにして撮った映像で、その生々しい動きを見直してみると……

 

 

そのしなやかさには、機械でありながら、自然に進化した生き物のような合理性と不可思議さを感じてしまうのです。

 

なるほど、”機械体”としての航空機が少し気になる存在になってまいりました。