yamamotosinyaの日記

仕事を離れて、ライフスライスな記憶として………

ヒーローショーとプロレスとアングルと。

f:id:yamamotosinya:20150815133337j:image

こちらの画像は、かなり巨大なジオラマで活躍するウルトラマンの姿でありますが、それにしても、ウルトラマンショーをはじめとするヒーローショーのお作法というか、楽しみ方に、かつてのプロレスのそれを思い起こしてしまうのは気のせいでしょうか。
 
そう、格闘技ではなくプロレスです。
 
ベビーフェイスとヒールの明確なキャラクター分けがされているという基本はもちろん、ヒールが凶器を隠し持っているのを対戦相手とレフリー以外は気付いているといったお約束的シチュエーションも、怪獣があからさまに隠れて待ち構えているようなヒーローショーの演出に似たところを感じてしまうのでありました。
 
ま、時系列でいえば、力道山のプロレス(1950年代)があっての、ウルトラマン(初代が1966年)でして、仮に演出的な影響を受けているとすれば、ウルトラマンに代表されるヒーローショーなのでありましょうけれども。
 
そして、久しぶりにヒーローショーを見れば、まるで某団体のアングル的なストーリーも仕込んであるように感じたのは、気のせいでしょうか(汗)