読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yamamotosinyaの日記

仕事を離れて、ライフスライスな記憶として………

大事なことは…本質をバッセンで感じる暖かな午後

f:id:yamamotosinya:20161125225237j:image

かつて野球少年だった(といっても軟式野球を嗜んだくらいですが)自分が、本当に久しぶりにバッティングセンター(略称:バッセン)を訪れたのです。

草野球を楽しむわけではなく、ちょっとした気まぐれでのバッセンでバットを振り回していていると、三つ子の魂ではありませんが、たまにはクリーンヒットすることも。おかげで120球も打ち込んでしまったのですが…。

それだけ打っていると、バッティングフォームも固まっていないどころか、体力不足につき徐々にバットに振り回されるようになっていきます。そうした中でふと思ったのはフォームを固めることも大事ですが、その目的はバットの軌跡を安定させるためであって、誰かのフォームが正しいのではなく、それぞれの体型や筋肉のつき方に応じて、理想的な軌跡を描くためのフォームというのは異なってくるのだろうな、ということ。

つまり目的は理想的にバットを動かすことであって、フォームがきれいだとか固まっているというのは、その目的に対する手法のひとつ。本来の目的を見失って、アプローチを優先してしまうのは無意味であります。一方で、登山でいうと目的が登頂だとして、わざわざ難しいルートを通る必要がないのであれば、無理筋なアプローチにこだわることもないのだろうな、とも思うのでした。